ロゴ

母国語を好きになる

日本語教師として働くためにはスキルが必要です

教師になるために必要なスキルを身に付ける

男性

前に立って教えるスキル

日本語教師として、授業をするためには声の出し方や、黒板の使い方、教材の使い方などを身に付けることが大切です。知識は豊富にあるだけでは、日本語教師として働くことができません。

教案の作成スキル

教案を考えるときは、どの順番なら生徒が理解しやすいか、どんな授業内容だと質の高い授業にすることができるのかということを考えなくてはいけません。実際に実習を通して教案の作成方法などを学びましょう。

有効的に教材を使うスキル

日本語教師として、生徒に日本語を教えるときは様々な教材を使ったり、実際に作ったりしなくてはいけません。絵を書いたカードを使ったり、フラッシュカードを使ったりすることで授業を楽しく分かりやすくすることができるため大切なスキルの一つです。

正しい評価をつけるスキル

生徒がどのぐらい理解しているのか、テストを通して判断することができます。そのため、どういった内容のテストを作った方が良いのかなどを学んでいきましょう。テストや評価の仕方で生徒の意欲を高めることができます。

日本語教師に向いている人

no.1

日本語が好きな人

日本語が本当に大好きという人は、日本語教師に最適です。教師をしながら日本語や日本についての知識を深めることができ、生徒にも日本語の楽しさなどを伝えることができるからです。もっと色んな人に日本語を知って欲しい!という意欲のある人は向いているでしょう。

no.2

コミュニケーション能力の高い人

日本語教師になるためには、生徒の話を聞き、しっかりと理解を示すことも大切なことです。そのため、しっかりとコミュニケーションを取らなければいけません。コミュニケーションを取ることが好きだと言う人は最適でしょう。

no.3

臨機応変に対応できる人

日本語があまり通じない外国人を相手にするため、どういった質問をされるのか、授業中にどういった事をされるのか予想がつかない場合もあります。そのため、何事にも臨機応変に対応していくことができる人は最適です。

no.4

言葉が好きな人

外国語にも興味がある、日本語も好き、本を読んだり、話をしたりすることも好きという人も向いています。日本語教師になる人は、色んな国の言葉に興味を示すというのも大切なポイントと言われているため、言葉が好きな人は挑戦してみましょう。

no.5

楽しんで仕事ができる人

文化の違う人と接する職業のため、文化の違いに違和感を感じてしまったり、抵抗を感じてしまったりすると仕事を続けることはできません。そのため、異文化の中にも楽しめるポイントを見つけたり、考え方の違いなどにぶつかっても楽しんで接することは大切です。

広告募集中