ロゴ

母国語を好きになる

自分のペースでしっかりと学ぶことができます

やりがいのある仕事がしたい人

今の仕事には、やりがいを感じないと感じている人もいるでしょう。そこで、自分だからこそできる仕事に就きたいと思っている人はどんなやりがいを求めているのかイメージしてみましょう。日本語教師という仕事が向いているかもしれません。

やりがいを感じた瞬間ベスト5

no.1

学生が楽しそうに授業受けていた

日本語を知らない生徒が、楽しそうに授業を受けていると自分の授業方法に自信を持つことができますし、教える側も楽しく授業を進めることができます。次の授業内容を考えるのも楽しくなります。

no.2

カタコトの日本語が流暢な日本語になっていた

カトコトの日本語を話していた生徒が、流暢な日本語を喋ってスムーズに会話をしているのを見ると嬉しくなってしまいます。時々、間違っていることもありますがそこも可愛い部分です。

no.3

感謝される

最初は、平仮名を書いたり読んだりすることもできなかった生徒が、漢字を使って感謝の手紙を書いてくれた時はとても嬉しかったです。一生懸命書いたのが伝わってきたので一生の宝物です。

no.4

もっと教えて!と言われたとき

授業が終わっても、もっと教えて欲しい!もっと勉強したい!と言われるとその向上意欲に尊敬し、嬉しくなってしまいます。日本語の楽しさを伝えることができたんだ、生徒の意欲を高めることができたんだと思い自分のやる気にも繋がります。

no.5

生徒に刺激を受けたとき

生徒の質問に対して、しっかりと答えることができない事がまだまだあります。そういった時は、もっと勉強しよう、もっと知識を増やそうという意欲につなげることができますし、生徒の学習する姿勢をみて自分も刺激を受けることができます。

選べる授業方法

教材

420時間コースでしっかり学ぶ

日本語教師の経験や知識が無い人でも、基礎からしっかり学ぶことができるのがこの授業方法です。実際に日本語教師として活躍している人が講師を担当しているため、実践的な方法や実際に授業で役立つ内容などを学ぶことができるでしょう。

日本語教育能力試験コースで試験対策をする

このコースは、日本語教育能力試験に向けて学んでいくことができる授業内容です。合格するために必要な知識や技術などをしっかりと学ぶことができます。短期間で学ぶことができるため試験対策だけをしたいという人には最適です。

技術に自身が無い人はトレーナーコースで技術を学ぼう

すでに、420時間養成講座を修了しているが教える自身がない、もう一度学んで教える技術を習得したいという人に向けた授業内容です。このコースでは、実際に教える立場になったとき直ぐに使うことができる技術を学ぶことがでこ実習を通して練習をすることができます。

広告募集中